お知らせ

Information

 

お知らせ詳細

国道19号通行止め一部解除について

2021.07.13

現在、全面通行止めを実施している国道19号の長野市篠ノ井小松原地先において、
7月14日(水)より6時~21時まで、片側交互通行規制へ移行する見通しとなったとのことです。

《片側交互通行移行区間》
国道19号長野市篠ノ井小松原地先(犬戻トンネル西側坑口付近)L=1.5㎞
《全面通行止め解除日時》
令和3年7月14日(水)6時00分~
《片側交互通行の時間及び夜間全面通行止め時間》
昼間(6時~21時)のみ片側交互通行が可能です。
引き続き、夜間(21時~翌朝6時)は、全面通行止めとなります。
※緊急自動車及び路線バスについては、夜間も安全であることを確認のうえ、通行可能とします。

なお、次の場合は、6時~21時でも全面通行止めとなります。
(1)地すべり箇所に設置した伸縮計が2.0㎜/h以上(異常値は除く)の変位量を計測した場合
(2)長野国道の設置した雨量計で60分雨量が20㎜または連続雨量が80㎜を超えた場合
(3)監視カメラによる監視で地すべりの兆候などの異常が確認された場合
 ※緊急自動車及び路線バスも通行不可とします。

■道路情報の確認はこちら
国土交通省 長野国道事務所